アニメーターの給料や待遇について

お札

アニメーターの給与

アニメーターは基本的にフリーランスとして働いている人が多いです。
フリーランスとして働くとなれば、その多くの給与体系は歩合制になります。

フリーランスで働くアニメーターも制作会社やスタジオに所属していても、雇用形態が正社員ではないために毎月固定給をもらう事がありません。
そのため仕事をこなさなければ一切給与が支払われません。

仕事の単価は仕事の内容であったりその出来、人気といったものによっても違います。
一般的な相場として、テレビ作品の場合1枚150円~250円程度、原画は1枚2,000円~2,500円程度となっています。
この金額は1枚の出来高制となっているので、少しでも給与を得たいと思えばどんどんと作品を制作するしかありません。

とはいえ人間に一日にできる作業には限りがあります。
そのため新人のうちは給与として5万円から10万円が限界であり、都内で一人暮らしをするのはかなり厳しいものとなっています。

アニメーターの年収相場

アニメーターの年収相場は20代が110万4000円、30代が213万9000円となっています。
この金額は一般的な平均年収よりも低くなっており、その差は年収で100万円も違っています。

これはかなり厳しい金額となっており、アニメーターの仕事をしながら別の仕事をしなければ生計が立てられない事がほとんどです。
転職をしてアニメーターになるという場合にはかなりの蓄えがなければ安定的な生活ができません。

仕事を続ければ少しずつ収入は高くなっていきます。
特に実力主義であるために、実力があればすぐに給与が上がり一般的な年収よりも高くなることもあります。

アニメーターの待遇

アニメーターの収入はかなりの厳しい状況です。
これは待遇も同じで全く良いものとはいえません。

特にフリーランスであれば、健康保険や年金といったものは自分で加入しなければなりません。
さらに、日々の残業代や深夜労働といったものにも手当もつかないですから待遇はかなり良くないものとなっています。

ただし、最近ではこの状況を改善するために社員としての登用をする企業も増えています。
労働環境はこれから変わる事が期待されている状況です。