アニメーターの就職先や活躍の場は?

曇りの都市

アニメーターは職場選びが肝心

アニメーターの職場は色々な場面があります。
仕事をするにあたってはやりたいことを考えながら職場を選ぶ事が必要です。

アニメーターとして働ける場所はいくつか選択肢がありますが、職場によって仕事の内容が違ってきます。
せっかく希望するアニメ業界で働くならばしたいことをやりたいものです。
そこで事前にしっかりと仕事内容を確認した上で就職先を決めるようにしましょう。

大手制作会社

アニメーターの就職先は基本としてアニメ制作会社になります。
その中でも制作会社は大手から中小まで規模が色々とあります。

大手の制作会社というのはテレビ局とつながっている事が多いです。
そのため企画提出から納品といったアニメ制作に関わる全ての業務を携わることになります。
取り扱う内容がアニメ制作全てのものとなるために、制作工程全般に関わる事が可能ですし、自分自身もそういったスキルを磨く事ができます。

こういった会社の多くは過去に有名なアニメーターが巣立っていたり。有名な作品に携わっていたりという事が多いので、仕事としては待遇が多くとてもプラスの面が多いです。
そのため、制作会社で働きたいと思っている人にとってはとても人気の職場です。
就職活動で内定を勝ち取るのはとても大変ですが、それを勝ち抜く事で得られるメリットが高いのでアニメーター志望者は必ず大手制作会社を受けています。

中小の制作会社

中小の制作会社はプロダクションと言われる事が多いです。
このプロダクションは規模が小さくなればなるほど、仕事を自社で全て行うわけではなく大手からの下請けをメインとして行なっています。
そのため仕事はアニメ制作の中の一部となってしまう事が多いです。

大手制作会社はテレビ局と繋がりがあるために、東京にある事がほとんどです。
そこで中小のプロダクションもほとんどが東京にあります。

スタジオ勤務

基本的に制作会社が制作業務を請け負いますが作品制作の一部である作画や撮影といったものだけというように制作工程を切り取って行われる事があります。
このような切り取った業務を請け負う会社がスタジオです。

スタジオの中には作画の工程で専門で仕事を受けており。作画専門のスタジオはアニメーターが就職する現場としてあります。
このようなスタジオはかなり規模が小さいために、スタッフは従業員としての雇入れよりはフリーランスとして働いているアニメーターに仕事を依頼して行うケースがほとんどです。