アニメ業界に転職するタイミングは?

花火

アニメ業界に転職することは可能なのか

アニメが好きという人であれば、一生の中で一度はアニメ業界に勤めたいと思った事があるものです。
就職の際、採用試験でなかなか縁がなくてアニメ業界に進むことを諦めたという人も少なくありません。
そして、そのように一度諦めてもやはり諦めきれずに転職してアニメ業界に転職したいと思う人もいるものです、
>>アニメ業界に転職するベストタイミングは?転職はいつが一番良い?一問一答、ラクジョブ知恵袋! | アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞

このようにアニメ業界に転職したいと思う人というのは意外といるものです。
転職にもある程度リミットとなる年齢があるために転職をしたいと思えばすぐの行動が必要になってきます。

アニメ業界に転職するのに良い時期

一般的にアニメ業界に転職するというのは第二次新卒と言われる2年目から3年目での転職であればアニメ業界に転職する可能性があると言われる事があります。
しかし、残念ながら一概にこの時なら転職に有利という時期はありません。

このような事が言われるのには一応根拠があります。
それが転職するのには3年は一つの企業に我慢して滞在する事が重要であるとか、一人前として認められるのには3年かかるといった、3年という事がキーワードとしてあげられる事が多いためです。

転職活動をするにあたって、1年から2年ほどでやめて次の会社に変わっているという人はどうしても根気がないと思われたり、自社に入社してもすぐに退職するだろうと思われてしまう事が多いです。
特に根気強さが必要とされるアニメ業界ではしっかりと仕事を続けられる事が求められるため、このような就職して1年から2年ほどで辞めてしまっている人は避けられがちな傾向があります。

ただし、1年で退職していたとしても優秀な人材であればきちんと転職活動が成功しています。
これはそのような1年で退職したというネガティブポイントを打ち消す事が可能なだけの資格やスキルを持っている事が必要です。
そこでアニメ業界への転職を希望している場合には、前職の仕事の年数以上に仕事で役立つスキルを身につけておく事が求められます。

基本的にアニメ関係の仕事でメインとして働けるのは30代後半から

アニメ関係のプロデューサー、ディレクターといった仕事が任せられるようになるのは30代後半からです。
これは年功序列ということではなく、一人前として認められるのには10年はかかるという事が理由としてあります。

そこで、何歳で転職をしたとしても、アニメ業界で思うように成果を出すためには10年間は下積みが必要であると考える事が必要です。
それを考えると転職は少しでも早い方が良いと言えます。

特に監督のような仕事はかなり高年齢化が進んでおり、40代でも若手と言われる事があります。
これは40代から仕事を始めたわけではなく、あくまでも若いうちからキャリアを積んで成果が出たのが40代である事がほとんどです。
そのため若いうちからキャリアを積む事が必要であり、ライフプランを考えても転職を検討しているという場合にはやはり早めの方が望ましいと言えます。