漫画家に向いている人の特徴は?

今から書く

漫画家には向いている性格がある

漫画家になりたいと思ってもただ絵が上手なだけでは務まりません。
それ以外にもいくつか求められる資質があります。

そこで、これから漫画家になりたいと思っている人は自分の性格から漫画家に向いている資質があるかということを判断して見ましょう。
ここでは漫画家に向いている人がどのような特性があるのかということを紹介していきます。

単純作業が苦手でない人

漫画家というのは多くの場合、単純作業をする事が必要な場面が多いです。
どうしても漫画家というのはクリエイティブな仕事と思われがちですが、仕事上はとても地味な作業が多くあります。

漫画家の作業として黙々と漫画を描く事が必要ですし、最近ではパソコンでイラストを描くという事が多いので一人で部屋にこもって作業をするという事が多いです。
そのため黙々と一人で漫画を描き続ける事が苦にならないという人が漫画家としては向いています。

また、作業のペースを自分でしっかりと作る事が重要です。
漫画家は締め切りがありそこまでに作品を作らなければなりません。

漫画家というのはテレビのイメージで作りたい時に作品を作るイメージがあります。
しかし納期を守らなければ多くの人に迷惑を変えることになってしまいます。
限られた期限の中で作品を仕上げるためには、毎日コツコツと作業をする根気強さも必要なのです。

同じく昔からのイメージとして漫画の作成にはアシスタントがつくと思われがちです。
しかし、アシスタントがつくのはごく一握りであり有名漫画家のみに限られています。
そのため、多くの場合にはアシスタントを使わず一人で作業をする事がほとんどであり、作業を一人で黙々とやっていても精神的に滅入ってきたり疲弊したりしない強いメンタルも求められます。

個性の強さ、想像力の豊かさ

漫画家はクリエイターであるため、どうしてもオリジナリティのある作品を作る事が求められます。
特に週刊連載を持っている漫画家であれば、ストーリー構成をしっかりと練る事が必要ですし、ストーリーを毎週展開させる能力も必要です。

一般的な漫画家というのは日々の生活の中で常に色々と考えてアイデアを考えてネタのストックをすることも必要です。
常に同じ作品のことばかり考えるだけでなく単発の作品を作ったり番外編を作ったりという作業もあるために、常に色々なことを考えておかなければなりません。

時にはアイデアが浮かばずに締め切りまでに漫画が描きあがらないというようなことも出てくる事があります。
基本的にはそのような事が起きないように常に色々と考えておく事が必要ですが、どうしても浮かばないという時にはなんとかして搾り出す事が必要です。
ただ想像力が豊かであったり発想力があるだけでなくピンチの時にもしっかりと搾り出す事ができる粘り強さも求められるのです。