Web漫画で収入を得るには

携帯

漫画家の新しい働き方

最近では電子書籍が流行しており、そのため紙媒体の発行部数はどんどんと減っています。
一部の限られた人気作品しか単行本化されない事が多く、週刊連載の漫画が単行本になる数も昔よりも格段に減っています。

昔から紙媒体で漫画を読んできた人にとっては紙で漫画を読むことはとても楽しみなことです。
しかし、紙媒体の発行というのは手間がかかるために制作費がかさみます。
そのために漫画家がデビューするにあたっては出版社は利益を出すために慎重になりがちでデビューできる可能性も限られていますし、出版できる人の数が絞られているのです。

そこで新しい手段として出てきたのが電子書籍です。
電子書籍というのは新しい働き方として注目がされています。

昔から売れない漫画家よりも同人誌の漫画家の方が利益を得ているという事がありました。
これと同じようにWebを使って漫画の販売をするという方法が出てきているのです。

コミックサイトを利用して漫画を販売する

一番メジャーな新しい働き方として取り上げられているのが有料サイトでの漫画販売です。
これはコミックサイトでの販売が有名な方法であり、そういった有名なサイトでの販売が難しいというケースには漫画家が複数集まって販売コミックのサイトを運営するという方法のあります。

このようなサイトというのは閲覧者が毎月の会費を払ってポイント購入していたり読み放題プランを使用したりして様々な漫画家の作品を閲覧する事ができます。
閲覧数によって印税が入るという仕組みです。

出版するのと違い印刷コストや流通コストがかからないので漫画家に入るマージンも多いですしデビューのチャンスも多いです。
そこでWebサイトのみで描いている漫画家が人気を集めて単行本化するという今までとは逆の形でのデビューをする漫画家もいます。

アフィリエイトの利用

無料サイトでありながら、アフィリエイト収入で利益を得るという方法もあります。
無料で漫画を掲載する代わり、そこに広告掲載をする事で収入が入るのです。

この場合、無料であるためアクセス数が増えれば利益を増やす事ができます。
そこでとにかく面白いストーリーを書く事が求められます。

最近ではプロの漫画家がこの方法を利用して利益を得るということも増えています。
この方法をとることで漫画家によっては本業よりもアフィリエイト収入の方が多いという人もいるほどです。