アニメ監督の活躍年齢についての考察

仕事中

アニメ業界は芽が出るまで時間のかかる仕事

アニメの制作に関わりたいと思ってアニメ業界に就職してもすぐに希望の仕事には就けません。
多くの場合には、仕事というのは初めに見習い期間というものがあります。
そして、その仕事の多くはやりたい仕事よりも雑用に近い仕事であり、あまり楽しいとは思えない事が多いです。

このような見習い期間を経て少しずつやりたい仕事をする事ができるようになります。
弟子のようなサポート業務をすることもあれば、電話受付やメール対応といった仕事、場合によっては営業をするのが見習い期間の仕事ということもあります。

こういったやりたい仕事をやれないという場面では多くの人が辛くて辞めたいと思うこともあるものです。
しかし、このような経験をする事が後から役立ってくることもありますし、多くの有名アニメ関係者はこのような辛い経験をしています。
そこでいつかはやりたい仕事をやれるんだと信じて続ける事が重要です。

このような下積みを経験してからやりたい仕事に就く事ができます。
そのため仕事として成功をするためにはどうしてもかなり年齢を重ねてしまう事が多いのです。

アニメ監督は成功するのは

アニメ監督の年齢を見ると平均年齢はかなり高いものです。
新人として出てくる監督も30台後半である事が多くあります。

アニメ監督として今現在最前線で活躍している監督はほとんどが40台以上ですし、特に有名な人たちは皆50歳を超えています。
例えば、ゴジラやエヴァンゲリオンの庵野秀明監督は56歳、山村浩二監督も53歳、湯浅政明監督も51歳、というようにかなり年齢は高めです。
49歳の細田守監督や「君の名は。」の新海誠監督が44歳であり、彼らは若手と呼ばれる事がほとんどです。

定年がない仕事

このようにアニメ関係の監督が成功して成果を収めるのはかなり平均年齢が高いです。
アニメ映画監督が成功するのが50台と言われているのに対してテレビアニメの監督は46歳が平均と言われています。

この年齢の差には定年の有無が関係していると言われています。
定年があるテレビ局関係者と定年がなくいつまでも働く事ができる映画関係者との間でこの平均年齢の差が生じているのです。

このような年齢差があるからといって、もちろん誰もが成功するまでに時間がかかるとは限りません。
若いうちから多くの人に注目される作品を残せる監督もいます。

しかし、成功するためには下積みも必要ですしキャリアも必要です。
そこで、若いうちからしっかりと仕事に携わり事務所で雑用や監督の補佐業務をしながら自分の作品もしっかりと作り続ける事が求められます。