日本ではなぜ「eスポーツ」が流行しなかったのか

eスポーツ

引用元:http://jespa.org/

格闘ゲームへの盛り上がり

日本ではあまり格闘ゲームにハマるという人がいません。
外国では格闘ゲームのようなゲームというのはプレイヤーも見ている人も盛り上がるものであり、とても人気のジャンルです。

テクニックを見せてそれで相手を倒す事ができたり、一発逆転の大技が出せたりすればゲームをしている本人も周囲のギャラリーも盛り上がるものなのです。
しかし、日本ではあまりそういったもので盛り上がるシーンが見受けられません。

このように日本でこういったゲームが盛り上がらないのにはデジタルゲーム上の試合を観戦するという習慣がないためです。
外国にはゲームプレイの様子を一つのスポーツや試合のように観戦するという文化があり、そういった国ではゲーマーのプレイしている様子を皆で観戦して盛り上がるというイベントがあります。
こういったものをeスポーツといい、この分野はアメリカやイギリス、中国、韓国で盛んです。

格闘ゲームの大会

格闘ゲームのみを種目としているeスポーツ大会の大会がいくつかあります。
「Evolution 」はその中でも特に人気の大会であり、EVOと略されています。
この大会では『ストリートファイター5』『ギルティギア イグザードレベレーター』『鉄拳7Fated Retribution』『ポッ拳』といった新し目のゲームだけでなく、人気種目として昔から日本では格闘ゲームというよりパーティーゲームとされている『大乱闘スマッシュブラザーズDX』そして『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』といったゲームもプレイがされます。

ゲームの賞金というのは総額で2980万円であり、大会の盛り上がりや参加者の多さが伺えます。
この大会は格闘ゲームの大会としては最大級のイベントとされています。

日本ではようやくここ最近このようなeスポーツへの関心が高まってきている状況です。
しかし、まだまだその盛り上がりは緩やかであり外国ほど爆発的な人気とはなっていません。

ただし、イベントとしてRAGE(レイジ)がその商品総額が400万円となり今までに比べれば格段に高くなっています。
外国のイベントよりは賞金額が少ないものの、これは日本の中ではかなり価格が上がっていてこれから盛り上がることを感じさせることとなっています。
これからはこのようなイベントについても有料観戦チケットの販売をしてもっとイベントを全体的に盛り上げようという取り組みも進んでいます。

追記

2017年にこの記事を書いたときには日本ではeスポーツが流行っていないというのは事実でしたが…。2018年になりその状態は変わりつつあります。

というのもeスポーツが2020年以降のオリンピックで、正式競技になる可能性がでてきたからです。
最近ではアジア大会で行われた「ウイイレ」で日本人が優勝しました。
(参考:真剣勝負のeスポーツに観客熱狂 アジア大会デビュー

アメリカなどではすでにeスポーツによって賞金を稼ぐという人も増えています。プロとして成り立っていることもあり、日本人でもそれを目指してアメリカ留学を行うような人もいるくらいです。

実際にアメリカ留学をしようと思うと時間や費用が掛かりますが、費用に関しては支援サポートがあったりしますので、それらを活用するのがいいのではないでしょうか。
(参考:アメリカ留学・大学への編入について

そういったことからeスポーツはこれから日本でもさらに広がりを見せていくのではないかと考えられます。
通常のスポーツとは違うものの頭脳を使ったスポーツで日本人が輝く姿をこれからも見たいですね!