視線追跡型VRHMD「FOVE」の登場

引用元:https://www.getfove.com/

2016年はVR元年

2016年から新しい娯楽としてVRが注目されています。
VR元年と言われているほど、新しいゲームがどんどんと誕生した年でもありました。
実際に、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStationなどのヘッドマウントディスプレイやそれを活用したゲームはリリースされてゲーム好きな人の間ではどんどんと取り組まれています。

まだまだハイスペックなものが多く皆が使えるようになるには時間がかかると思われてきましたが、もう少しリーズナブルで楽しむ事ができるきっとやスマートフォンを利用してのアイテムがリリースされることにいおってかなり予想以上のペースで流通をしています。
それ以外にも実際のVRを楽しむ事ができるアトラクションが開発されており、池袋やお台場ではそういったアイテムを利用して遊べるスポットも誕生しています。
今後さらに自宅でVRのゲームを楽しんだりテレビのような映像作品を楽しんだりという事がどんどんと主流になる事が予想されています。

FOVE 0とは

FOVE 0とは、赤外線センサーを利用したより自然でその環境に馴染んだVR映像を楽しむ事ができるアイテムです。
見ている部分に焦点を合わせる機能がついた事でこのようなリアリティを楽しむ事ができるようになっています。

また、視線を焦点に合わせる事ができるようになり、焦点以外の景色がぼかされる仕組みが搭載されています。
それによって映像には奥行きが出ますし、視線追跡機能がついたことによって不自然な動きが抑えられました。
これによってVRを利用した作品を見たときによく起きていた酔う状態も回避できるようになっています。

今後のVR

これからVRは360度全方向での映像が見られるものがさrない進化していく事が予想されています。
今も全方向の映像が見られるようになっているものの、操作性が低いためにコントローラーを持って操作をしなければなりません。

これがゲーム機のコントローラーを握っての作業となるとコントローラー操作に体の動きを取られてしまうためにせっかくの全方位の映像を体全体で楽しむ事ができないのです。
それを改善するための方法として考えられているのがグローブタイプのコントローラーです。
グローブ状の装置をつけることによって映像の中のもの触れたりその際の感覚を実現できたりとよりリアリティのあるものを作り上げる事が計画されています。