アニメ・漫画好きは美術作品の鑑賞を勧めたい

絵画 買取

アニメ・漫画好きのための芸術品と美術館鑑賞の仕方を解説しています。是非参考にしてください。

お勧めする理由

アニメ・マンガと美術館は別物だと感じるかもしれません。しかし、美術品を鑑賞することでアニメ・マンガに対する理解が深まるのではないでしょうか。アニメは一般的にサブカルチャーと呼ばれています。サブカルチャーとはクラッシック音楽、文学、学問や芸術、伝統的文化に対して、若者などの特定の集団が持つ文化です。アニメ・漫画は今までの日本の伝統的な文化から生まれてきたものです。しがたって、その境界線はあいまいですが、過去の芸術作品をみると、芸術に対する造詣だけでなく、今あるアニメ・漫画に対してより深い親近感がわきます。

美術作品は、非常に優れた技術力や感性を備えた芸術家が創作しています。

アニメ・漫画の作家も過去の芸術会場に高い技術と独創的なコンセプトを打ち出している点では芸術品といえるのではないでしょうか。日本のアニメは世界的には「シリアス」として知られていて、昔のいわゆる写実派と同じ分類に分けられています。アニメや漫画が美術品だと認められている証として世界的な高級ブランドルイ・ヴィトンとのコラボも実現しています。様々な美術作品をみるとアニメや漫画の世界だけでなく、美術作品の中に新たな世界を見つけられるかもしれません。

ちなみに、往年の名作漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズに登場するキャラクターの描写に独特のポーズが多いのは、ミロのビーナスのような芸術作品をモチーフにしているためとも言われています。美術品を鑑賞するつもりでアニメや漫画を堪能すると、いつもとはちょっと違った目線で楽しめるかもしれませんね。

参考:荒木飛呂彦 – Wikipedia

美術作品の楽しみ方

美術館の展示場には、その作品の時代背景や説明が書かれています。美術作品に興味がなくても、その時代背景を思い浮かべるとグっと芸術作品の世界に入れます。美術館には実に多くの芸術作品が飾られています。すべての絵をみていると疲れるので、順路を歩きながら「これはいい!」と思った芸術作品をじっくり鑑賞しましょう。そうすると自分の好みの作品をじっくり鑑賞できます。

美術館というと何だか堅苦しいイメージがあるかもしれません。ただ、固定概念で美術館にいかないのではなく、興味がなくてもとりあえず美術館へ行ってみるのです。そうすることで、意外な作品に出合えるかもしれません。

また、美術館の中には絵画の買取をしているところもあります。古典的な芸術作品だけでなく、現代アートやアニメ作品を扱っている美術館です。現代はスマホでその美術品がどんなものなのか調べられます。美術館の解説だけは、良くわからない場合は現代の利器ともいえるインターネット検索で美術作品に対する知識を高められるでしょう。

ちなみに美術品は、作られた時期や作家によって価値が大きく異なるため、専門家などの手によって査定が行われます。美術商や古物商といった商売が存在するのも、美術館や個人の収集家などの手によって、高値で取引されるという理由が大きくなっています。

参考:絵画買取・無料査定なら【総合美術買取センター】