賛否両論!『スーパーマリオラン』への評価

スマホ2

引用元:https://supermariorun.com/ja/

スマホアプリで「マリオ」が遊べる

スマートフォン向けに任天堂はスーパーマリオランの配信をしました。
有名メーカーによる新たなアプリゲームの発表、ということでニュースでも取り上げられたほどです。
>>「スーパーマリオラン」のDL数は7800万 課金率は5%も10%以上目指す – ライブドアニュース

そもそも任天堂のゲームというのは任天堂が生産しているゲーム機を利用しなければできないようになっています。
これは任天堂が利益を得るためにゲーム機とゲームソフトを任天堂のものを使用してもらうための戦略の一つであり、ゲーム会社の販売戦略でもあります。

スマートフォンであれば自社の端末がないこと、さらには途中までは無料でゲームができるというのは今までのゲームシステムからは考えられないものでした。
一部は有料ですが買い切り型で遊ぶ事ができるので課金の不安がないというのも特徴です。

スーパーマリオランの評判

スーパーマリオランが配信されるようになった直後、株価はどんどんと上がる事が予想されていました。
これは任天堂の代表コンテンツがスマホに登場するという事で、注目を浴びる事が予想されていたためです。
そして、このゲームの前にポケモンGOが大ヒットしたこともあり、スマホゲームには消費者が食いつくと考えられて芋いたのです。

しかし、実際には配信がされた後には一気に株価は売りに傾いてしまいました。
そして、配信された際にはアップストアでの人気ランキングでスーパーマリオランは米国、英国、フランス、オーストラリアといった国では首位に立ちましたが日本では4位に止まってしまったのです。

この理由として日本では無料で遊べる部分が限定されている事が特に問題となってしまいました。
目際の利益を求めて有料部分を設けたという事が悪評価に繋がってしまったのです。

ゲーム自体については評価は悪いものではありませんでした。
徐々にゲームを進める事で難易度が上がるシステムであったり同じコースを何度も楽しむ事ができたりという従来と同じマリオのシステムは特に評価を得ました。

このスーパーマリオランは成否としてまだはっきりとどちらとも言える状態ではありません。
そして、この1作品だけで任天堂のスマホゲーム参加への成否を決めることも決めにくい状態です。

まだまだこれから任天堂の新しい事業構造や成長戦略を軌道修正するという必要もないと言われていますし、任天堂自身もそのつもりで行動をしています。
実際に3月には新しいゲーム機であるNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が販売されています。
これからも今まで通りのゲーム販売と並行して新たな形としてスマホゲーム開発も進む事が予想されています。